2020年3月4日水曜日

大阪で「子ども虐待防止策イベント 2020」の活動チーム、始動!!

こんにちは。

Power to the Children in Osaka 2020 代表の重村です。

今年もPower to the Children in Osaka(略してパワチル大阪)は、親に子どもを虐待させない仕組み作りを生み出すために、講演会やイベントの企画を進めて参ります。

今年は代表を交代しまして、重村慶来(ペンネーム∶よき)が代表を務めます。
※慶来と書いて「よしき」って読みます

親から虐待されながらも必死に生き延びてきた人(通称、虐待サバイバー)、市民、政治家、教育関係者、カウンセラー、そして今まさに子育てに悩んでいたり、子ども(あるいは親)と一緒に生活するのが何となくしんどいと思ってしまう人、など。

誰もが参加することの出来るイベントを開催出来るよう、メンバー一同精一杯準備していきたいと思います。

どうか、皆様の温かいご支援を、よろしくお願い致します。


Power to the Children in Osaka 2020
代表∶重村慶来


2020年 3月1日(日)
Power to the Children in Osaka2020ミーティング風景。

Power to the Children in Osaka2020
お問い合わせメールアドレス
power.osaka2020@gmail.com
(代表∶重村慶来)

最後までこの記事を読んでいただきまして、ありがとうございます。

2020年2月20日木曜日

2019年 虐待防止策講演会 in 大阪・決算報告

2019年12月15日に開催した「子ども虐待防止策講演会 in 大阪」へご寄付などで、多大なご協力をいただきまして、本当にありがとうございました。

収支決算の報告をいたします。



■収入 281,819円
・寄付 154,679円
・クラウドファンディング 127,140円
[合計] 281,819円

■支出 201,573円
・会場費(設備機材レンタル料込) 6,350円
・フライヤー印刷代 12,419円
・登壇者講演料(宿泊・交通費込) 72,140円
・クラウドファンディング返礼品代 27,916円
・スタッフ経費(ミーティング交通費、飲食代) 38,920円
・フライヤー郵送料、返礼品郵送料 14,188円
・「親への手紙」公認朗読者謝礼 5,000円
・アートフェス巡回展手数料 2,000円
・雑費(文房具、銀行振込手数料) 2,640円
・浅色デザイン(アートフェス主催者)寄付 10,000円
・グッズイラスト制作者謝礼 5,000円
・返礼品(グッズ)制作者謝礼 5,000円
[合計] 201,573円

■差額 80,246円
・2020年度講演及びイベント開催費用へ繰り越し 80,246円

以上です。
ご支援、本当にありがとうございました。
今年もなお一層、よい講演会・イベントにしたいと考えておりますので、ぜひよろしくお願いいたします。





2019年12月23日月曜日

講演会にお越しくださりありがとうございました!

12月15日の子ども虐待防止策講演会 in 大阪に多数の方々にお越しくださりまして、誠にありがとうございました。
会場は満員で、9名の政治家の方々も交えたディスカッションも活発で、盛況のうちに終了いたしました。



講演会終了後のお茶会も、多くの方々に遅い時間までご参加いただき、講演会に引き続き話がたいへん盛り上がりました。

また、クラウンドファンディングやご寄付をいただいた方々にも、重ねまして御礼申し上げます。
クラウドファンディングのリターンにつきましては、ただいま発送準備中です。
お届けまで、もうしばらくお待ちください。

さて、ここからは講演会でご記入いただいたアンケートのコメントをご紹介いたします。


●虐待サバイバーの方達の声を対策に反映させるために、できる努力を続けます

●一応私も虐待サバイバーです。子供虐待防止策、どれも賛成ですが特に虐待による治療費を親に負担させるのと、時効無しに損害賠償を請求できる、虐待親の介護・扶養・看護の義務を破棄できるという案に激しく同意します。育てて貰ってもいない生物学上の親の面倒を何で看なアカンねん!と声を大にして言いたいです。

●今一生さんの話が、情報が多くて分かりやすかったです。新しい仕組みを作ることが必要ですね。

●昨年、別の地域でこの講演会を主催しました。今回は来場者として初めて参加しました。テンポが速かったので、速記とまでは行かないけど、素早くメモをしていました。人数が多いからか地域性なのか、講演会後のディスカッションが活発すぎて驚きました。

●議員さん、一般参加者のみなさんから熱意を感じ、とても充実したイベントでした

●父親・母親へのフォローが充実して子供によい影響が出る事を望みます。親が健康なら子供への虐待が減る。子育て応援は素晴らしい。

●本日は、ありがとうございました。

●沢山、議員さんの意見も聞けて新鮮でした。毎回の講演で新たな学びがあり、アップデートされ続けています。ありがとうございます。

●ありがとうございました! ラスボスは、親権。権利に順位はつかない。

●消防署を増やしても火事は減らないということに共感します。親になることは親権を持つことではなく、子どもの人生に責任を持つことだということを学ぶ機会を持つべきだと思う。プレパパの研修、プレママの研修、つまり教育が必要なのではないか? 子どもは親の所有物ではなく、ひとりの人間であることを尊重し、その子がその子らしくひとりの社会人として生きられるようサポートする責任があること、親になる前に自覚させることをせねばならないと強く思います。

●知らない部分が多かったので、非常に勉強になりました。と同時に、自分の「虐待」に対しての知識の浅はかさに反省です。ありがとうございました。

●2年ぶりに参加させて頂きました。最後の議論の時間はすごくいい時間でした。今一生さんの講演もとてもすばらしいお話でした。リアルな現状をたくさんの人たちに知ってもらえたのかなと思いました。

●今後の活動に活かします。生の声、つらい中、お伝えいただきありがとうございました

●議員の方にも直接お話を伝えることができて、本当によかったです。親権シェアの具体的な方法をもっと検討したいと思います。